どうやってそんなに英語上手になったの?

エースコンバット2。不滅のゲームです。

あまり再現性が高くない話なので、余談程度で聞いていただければ。。。

 

私が英語を学び始めたのはずばり、モテたいからでした。

 

中学二年生。私は中高一貫の男子校に通っていました。部活は卓球、趣味は漫画とTVゲーム。女性との出会いはほぼゼロ。書いてて思いましたが、・・・なんかあまり健全なオーラが出てない気がしますね。部活してただけマシか。卓球だけど。

karaoke

その中で妄想が構築されていくわけですよ。周りには「筋肉ついたらモテる」とか「強ければモテる」とか「髪型をこうしたらモテる」とか、中には自分なりの良く分からない世界に入り込んで「コーヒーに詳しければモテる」みたいな哀れな男子中学生で溢れかえっていました。

 

そしてなんと私はその中で

 

「格好良ければモテる!」

 

と思ってました。まともでしょ?

 

でも何が格好いいのか分からない。ドラマのヒーロー・・・とかならまだ救いがあったのですが、私が触れていたメディアはTVゲームと漫画。好きな漫画は「セクシーコマンドーまさるさん」。残念ながら参考になるモデルが存在しない!

 

そんな中、ある日Ace Combat 2というシューティングゲームをやっていました。

 

ゲームの始まりに、雰囲気ある音楽と共に、英語のナレーションと日本語字幕が出てきます。(はっきり言って読む必要ないと思いますが、雰囲気のために一応書いておきます。)

音声:

A coup d’etat broke out in the military corps’; general area code NA-P2700. They saw an opportunity during a time when leaders were away from the country on a diplomatic mission. After the forces occupied the center of administration, they seized control of important facilities in each district. They are expanding their influence while strengthening their fighting power. Their broad war powers include air and sea forces. It is confirmed they possess extra powerful cruise missiles. To respond to the coup’s forces, the military corps’; headquarters made a decision to use the Special Tactical Fighter Squadron, “Scarface” which is formed of you, my fellow pilots. We want you to go on this mission to suppress this coup immediately. You will receive all-out support from our military corps, full information regarding the military coup group, full cooperation through our intelligence division, and military supplies. The situation is tense, and there is no time to waste. Take on this mission immediately. That is all.

 

字幕:

「総合軍統括エリアコードNA-P2700において軍事クーデターが発生した。クーデター軍は行政中枢を占拠の後、各地の重要施設を制圧。戦力強化を行いながらその勢力範囲を拡大しつつある。これに対し統合軍本部は、諸君ら傭兵部隊により編成される特殊戦術飛行隊「スカーフェイス」の出撃を決定した。ただちにクーデター軍鎮圧の任についてもらいたい。事態は緊迫しており、もはや一刻の猶予も許されない。速やかに作戦を遂行せよ。以上。」

 

↑こんな感じのものが、1分半程度で読み上げられるのです。

 

すげー!!良く分からないがすげーー!!というか日本語も分からないけど、なんだか格好いい!!

 

格好いい・・・モテる!!(共感できない9割以上の人、ごめんなさい)

 

と思ったので、この格好いい英語のナレーションを全部復唱できるようにしようと思いました。

 

えぇ、もちろん現実ではこんなセリフを丸暗記したところで何の役にも立ちませんでしょうし、モテるどころか気味悪がられて終了でしょう。(役に立ったことが一回だけありますが、それはまた別の機会で)

 

でも、当時の私は思ったのです。これがネイティブの発音で言えたらとにかく格好いいと。

 

そんなわけで、毎日の特訓が始まります。まずは英語字幕を書き写すところから。そしてそれを自分で読み上げて練習。お。結構いけてんじゃね??と思ったところで、いよいよカセットテープに自分の声を録音します。

 

そしてそれを聞くと・・・

 

ダサすぎる!

 

鏡もろくに見ない私にとっては、もう自分の声を聴くのが嫌でした。でも、これを少しずつやって行くんだ・・・!と思い、単語を一つ一つ正しい発音で発声し、録音。やっぱりなんだか不自然。でも中には自然な分もでてきました。

 

そんなことを繰り返して、三か月後・・・ついにできた!最初から最後までを、スラスラとネイティブっぽい発音で発声することが!

 

自分の声が入った録音を聞いて、オレは満足し・・・、そして気づきました。

 

「あれ。これって別にモテへんやん」

 

えぇ。役に立つ文章でもないですし。

 

それでも、なぜかオレは満足だったのです。「オレ英語しゃべれるよ」的な??当時もし誰かに「英語しゃべって」って言われたら、とりあえずこの文章だけは完璧に言うことができたはずです。笑

 

これが、英語をしゃべるための、自分にとってのファーストステップだったと思います。でもそれは、私が「格好いい!」と思えたから、そしてモテることに関して、妙な幻想を抱いていたからこそできたことなのだと思います。

 

ここが、私の英語学習の第一歩でした。

 

マジで何の役に立たねー。と思った方。

 

あなたは正しいです。m(_ _)m

 

だって、これって、興味の持ち方とかが一緒じゃないと適応できないですもんね。

 

これが「誰でも」できるようになるよう、再現性を高めたのがEBNメソッドです。

 

まぁEBN関係なく、オレも日陰の中学時代歩んできたよー!という人、Ace Combat 2めっちゃやってたよー!という人、適当に絡んでもらえると嬉しいです。笑

 

【最後まで読んでいただいた方にプレゼント】

あなたに合った英会話学習方法 を見つけるための 12日間メール講座

↓ ↓ ↓

メール講座「あなたに合った英会話学習方法」

 

登録はこちらから

 

 

登録はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です